夏のシーバスは河口を攻めろ!デイゲーム、ナイトゲーム、朝マズメの河川、河口、サーフの場所別攻略法

夏のシーバスは河口に始まり河口に終わる


夏のシーバスは河口を攻めるべきです。

と言うのも夏は水温が高くなってしまいシーバスが涼しい場所へと非難するから。

河口は河川の水が流れ込み水温が低くなりやすいポイントの一つ。

冬の産卵を経て春にバチを捕食し体力を回復させたシーバスは夏には元気を取り戻しています。

活性が良い時期ではありますが、水温の変化を読まないと全く攻略できないため注意が必要です。

夏シーバスデイゲーム


真夏のシーバスデイゲームは魚だけじゃなくて釣り人も暑くて大変な時期です。

暑さのあまりシーズンオフにしているアングラーも少なくありません。

しかしきっちり攻めれば夏のシーバスデイゲームでも釣果に期待できるます。

デイゲームはより水温の変化がある所(水温が低い所)を狙うようにしましょう。

河口付近やシェード(日陰)はもちろん、潮通りが良い所河川の上流も狙い目。

サーフの場合は遠浅だと水温が高くなりがちなので、深場があるような場所をチョイス。

夏のシーバスナイトゲーム


昼間は日差しが強くて日陰や沖に避難していたシーバスも夜には活発になっていきます。

上述したように水温の変化が重要ですが、夜になる事で全体的に水温が下がるため初心者でも釣りやすくなります。

河川の橋脚付近は水温も下がりやすく、夜になると電灯で明暗ができるため王道ポイントの一つです。

夏のナイトゲームを攻略しておく事で早秋からのスタートダッシュが図れ他人より良い釣果を残せるように。

秋は数も釣れサイズが大きい個体が釣れるため、秋への足掛かりとして油断のできないのが夏のシーバスゲームです。

王道はイナッコパターンやイワシパターン、河口付近ではハゼパターンなどもおすすめですね。

夏のシーバスワーム


夏のシーバスは他の季節に比べて水温の変化に敏感で活発に動き回ります。

そのため餌の種類も豊富になる傾向があると考えています。

移動した先で食べやすい餌を狙っていると想定しています。

実際に夏のシーバスを釣って捌いてみたら様々なベイトを確認できます。

そのため一つの王道パターンというよりは様々なパターンを試しながらよりスピーディにランガンする必要がでてきます。

そこで役に立つのがワームです。

ワームならファストリトリーブ(早巻き)で表層を狙ったりフォールさせてボトムを狙う事もできます。

ハードルアーと違い一つのワームで幅広いレンジを攻めれるため、手返しが早くランガンするのに向いているのです。

夏のシーバスサーフ

超大型のシーバスを狙うなら、サーフシーバスは外せないポイント。

ウェーダーを履いてガシガシとサーフを攻めてください。

湾岸部<河口<サーフという具合に生息域によってサイズに違いが出てきます。

基本的にはベイトとなる小魚を追ってくるパターンになります。

部分的なスリットにシーバスが溜まっている事も少なくないため、夏場のデイゲームでも爆釣の可能性アリ。

とは言え基本的には水温が上がってしまうサーフの場合だと夏のデイゲームは厳しい事が予想されます。

スリット(深場)があるポイントを知っているならサーフは有効な手段ですが温度が高い日のサーフはナイトゲームでシーバスを攻めましょう!

夏のシーバスミノー


夏のシーバス攻略にミノーは欠かせないポイントの一つです。

夏のベイトは素早く動くためそれに合わせてシーバスも早く動く傾向にあります。

リアクションバイトが有効になってくるため初心者でも釣れやすくなる時期ですね。

コツはファストリトリーブ(早く巻く)です。

夏のシーバスは普段のファストリトリーブよりももっと早さを意識して。

竿をたてて早く巻いてもレンジをキープできるミノーを選ぶようにしてください。

夏シーバスは朝マズメも


完全に日が昇るまでの薄暗い時間までが攻略へのカギです。

薄暗い時間は警戒心も夜くらいあり、他の魚の活性もあがるため時合いとなります。

1日の中で一番活性が上がるタイミングと言っても過言ではありませんが、その時間は30分もないと考えておきましょう。

攻める場所やルアーを予め想定しておいてパッと動くのが重要です。

ナイトゲームでそのまま朝マズメまで狙ってもいいですし、朝マズメを狙ってそのままデイゲームまで頑張る方法もありよりのアリ。

夏のシーバスバイブレーション


バイブレーションと言えば冬場の活性が低い時ってイメージしている人も少なくありません。

しかし本来は活性が高い時こそ有効な手段。

上述したように夏場は水温の低い所を狙って攻めるためランガンスタイルが必須になってきます。

そのため場が荒れるバイブレーションでも気にする事なく連投できます。

バイブレーションだけ投げて反応がなければ即移動というのも有効かと思います。

初心者には簡単に釣果に結び付く方法の一つかと思います。

まとめ

さて真夏シーバス攻略法はいかがでしたか?

暑い季節で釣り人にとっては辛いかもしれませんが、ライバルが少なくて釣りがしやすい時期だと思っています。

特に真夏のデイゲーム!

ウェーダーを履いて河口やサーフをガシガシ攻めてほしいです。

ライバルが少なくて巨大なシーバスが連発できるのでハマれば最高の釣りになりますよ!

さいごまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

実際に体験した事や使った商品の事など好きな事を書いています。釣り道具やキャンプギアなど多くの商品を紹介していますが、悪い物は悪い。良い物は良いとハッキリ書くタイプです。基本的に主観にて良い悪いの判断をしていますが、信憑性や信頼性が低いものについては「わからない」と言及しているようにしています。このブログを読んでくれた人にとって少しでも参考にしていただける記事になれば幸いです。