サーフでヒラメ、マゴチ狙いしてしたよ!時合、雨や風の時の考え方や釣り方、ヒットルアーについて

さて最近気温も下がってきて過ごしやすい気候になってきましたね。

ここ最近ハマっているサーフでのマゴチ、ヒラメ狙いに行ってきました。

実際の釣行は8月下旬くらいだったよ!
ぽんた
ぽんた

大潮の朝マヅメ、下げ狙いのヒラメ、マゴチ

モブ
モブ
絶好のタイミング!
果たして釣れるか?

タイミングは朝マヅメと満潮からの下げ狙いのタイミング。

そして大潮の2日目という好条件の中で釣行です。

開始時間はポイントに少し早く着きすぎてしまい、まだ真っ暗。

そんな中、ルアーをキャストしていると。

ガツッとしたアタリが。

違和感を感じつつも巻いてくると蟹でした。

やっぱりコイツか。

魚とは違った生体反応だったのですぐに蟹だと思いましたが、そこそこサイズのある蟹だったので、もしかしたら魚かもと思ってしまいました。

これは魚かも病と言う病気で、何が引っかかっても魚かもと思ってしまいます。

末期になると自分が投げたバイブレーションのルアーでさえ、魚がかかったと思える恐ろしい病気ですね。

ちなみに僕は末期の患者です笑笑

下げの7分

かなり良いタイミングだと思っていましたが蟹以外のアタリがありません。

大潮の2日目、3日目って一般的に潮の変化が多くて釣れる時だと思うのですが、どうなんでしょうか?

個人的にはここ数年は中潮あたりの方が良いような気がしています。

←謎理論のジンクスです。根拠はありません。

またサーフの場合は下げ潮7分の場合は沖に向かって投げやすくなるし、上げ潮にのってやってきた魚がまだいるため絶好のタイミングだと思っていました。

これで釣れないならもうダメかも。

いろんな意味でダメかもという意味です笑笑

そんな事を考えながらボーッとルアーをキャストしていると。

ガッとしたアタリが。

今度はフラットフィッシュ特有のゴンゴンというアタリが!!!

これは間違いなくヒラメか、マゴチだ!

ヒラメか?マゴチか?

どっちだ???

残念、シタビラメでした笑

ヒラメはヒラメでもコイツはないだろう、、、

誰も参考にしないと思うけど蟹も舌平目もヒットルアーはフリッパーです笑

これ投げてズル引きしてるとマゴチ釣れるんだけどなー。

まあ運がなかったという事で割り切ります笑

とは言え釣果0だと寂しいので持って帰って美味しくいただく事にします。

今回の釣行はここで終了。

とても楽しかった釣りでしたが、狙った魚種が釣れないなんとも悔しい釣行でした。

前日の雨と当日の強風、サーフの影響は?

僕の場合、最近は中潮や小潮のベタ凪の方がサーフでは釣りやすいって考えてきてる!笑
ぽんた
ぽんた

今回の釣行は狙った魚種は釣れませんでしたが1つ言い訳させていただくと前日の雨と当日の強風が大きく影響していました。

前日の雨の影響でサーフは濁りが強くなっていました。

またゴミもたくさんあってただでさえゴミが多いサーフなのに普段よりかなり多くゴミがあるフィールドになっていました。

風も強く波も高くなっていたため釣りがしにくい状態に。

全部言い訳ですね笑笑

釣れる人はこんな状況でも構わず釣っているので自分の腕がないだけです。

風が強い、波が高い日、ゴミが多い時のサーフでのルアーテクニックは?

モブ
モブ
悪天候はやりにくいけど、悪天候なりの攻め方を考えるのも楽しいよ!

サーフでのマゴチ狙いはルアーをズル引き、ヒラメの場合はボトムから10㎝くらいまでのレンジを狙うのがメインになるかと思います。

しかし風が強くて波が高くなると思ったようなレンジを狙いにくくなります。

またゴミが多いためズル引きもキツイ。

そんな時はボトムバンプやリフト&フォールを使うと良いと思います。

サーフでゴミが多い日は波打ちぎわにゴミがたまっています。

浅い場所の方がゴミが多いので遠投することでゴミを避けて、できるだけ沖を攻め続けられます。

手返しが悪いように思いますが、ゴミの絡まりが少ないため手返しが早くなります。

また大きい流木やゴミなどに絡まる可能性も低くなるためルアーをロストしにくくなるメリットも。

悪天候こそチャンス!?

目的を持って釣りをするとプラスになりやすいと思ってるよ!
ぽんた
ぽんた

残念ながら今回は狙った魚を釣る事がでぎせんでしたが、悪い環境でも有意義にサーフを攻める事が出来たと思います。

風が強かったり、波が高い日は釣り人も少ないためもっと有効に攻める事ができれば独壇場になるかと思います。

チェックポイント

天候が悪いと危険も大きくなります。危ないと感じたらすぐに撤退する危機管理をしましょう。

波が高い日はサーフに魚はいない?

モブ
モブ
ダイバーやサーファーに聞いてみるとわかるけど、砂浜の魚ってよっぽどの事がないといなくならないみたいだよ!
賛否両論あると思うけど、僕も同じ意見かな。

天候が悪いとサーフにいる魚は他の所に移動すると言う人がいますが、個人的にはそうは思いません。

確かに多少は移動している事はありますが、マゴチやヒラメは回遊魚ではありません。

移動してもちょっとの距離だけって事がほとんどだと思います。

少し深くなっている所や比較的に波が穏やかな部分に固まっている事があるため、風が強い日や波が高い日の方が連続で釣れるという認識です。

今回は魚が固まっている所を見つけられなかっただけ。

魚がいなかったって言い訳が1番成長しない言葉だと思っています。

まとめ

さて今回の釣行ですがいかがでしたか?

結局釣れてないじゃん!って言われも仕方ありませんが、サーフでの釣り経験も少ないため許して下さい。

とはいっても僕の考え方でもヒラメやマゴチの釣果は上げてれているのでサーフ釣りをしている人は少しでも参考にしていただけたら幸いです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

実際に体験した事や使った商品の事など好きな事を書いています。釣り道具やキャンプギアなど多くの商品を紹介していますが、悪い物は悪い。良い物は良いとハッキリ書くタイプです。基本的に主観にて良い悪いの判断をしていますが、信憑性や信頼性が低いものについては「わからない」と言及しているようにしています。このブログを読んでくれた人にとって少しでも参考にしていただける記事になれば幸いです。