サーフでマゴチを狙おう!ルアーやワームのアクション方法などの釣り方から狙うべき時合について

今年はサーフでの釣りにハマっているよ!
ぽんた
ぽんた
モブ
モブ
なるほどね。
それでウェーダーの事とか言及していたんだね。

ウェーディングのやり方や注意点、安全を確保して危険を回避!ウェーディングの基本、入門講座

2019年8月15日
特に今はマゴチが楽しいよ!
水温も冷たくないし遠浅のサーフじゃなければウェーダー履かなくても楽しめるのが魅力的。
ぽんた
ぽんた
モブ
モブ
ウェーダーは要らないのね笑
あった方が良いけど、波打ち際でキャストしている人が多いからハーフパンツにクロックスっていう猛者もいるくらいだよ。
ぽんた
ぽんた
モブ
モブ
波打ち際ならそこまで危険はなさそうだし、この時期なら楽しいかもね!

マゴチ狙いの時期

1月のマゴチ
2月のマゴチ
3月のマゴチ
4月のマゴチ〇産卵期
5月のマゴチ◎産卵期
6月のマゴチ◎産卵期
7月のマゴチ
8月のマゴチ◎産卵期
9月のマゴチ◎水温や地域によっては〇
10月のマゴチ
11月のマゴチ△水温や地域によっては〇
12月のマゴチ

マゴチは春から秋までの暖かい時期に活発になる魚です。

ハイシーズンは5月から9月。

ヒラメは寒い時期に活発になりますが、マゴチはヒラメのシーズンオフに楽しめる魚。

同じサーフで釣れるため1つのパターンを覚えればヒラメ狙い、マゴチ狙いと年中楽しめます。

また9月、10月からはヒラメとの時期も重なるためヒラメ狙いをしながらマゴチを釣る人も少なくありません。

サーフからマゴチを狙う時のタックル


竿は10f以上の物がオススメ。

サーフからの釣りは遠投する必要があるため、長い竿が必須です。

そしてPEは0.8~1号くらい。

リールは3000番あたりのスピニングならなんでも良いかと思います。

個人的にはローギア(ノーマルギア)のリールがオススメ。


人によってはハイギアを使った方が良いと言う人もいますが、個人的な見解だと逆にローギアもアリです。

というのも夏は他の魚種狙っていてファストリトリーブをする機会が多い時期です。←シーバスなど。

そのため思ったよりも早く巻いているパターンは少なくありません。

そんな中サーフでのマゴチやヒラメ狙いはスローリトリーブが効果的です。

特にボトムを念入りに攻める必要があるマゴチの場合は早く巻きすぎていては思ったよりルアーが浮いてしまう事に。

マゴチが捕食するタイミングを失ってしまい、釣果が落ちる原因になります。

ハイギアでも使いこなせるって人なら問題ありませんが、ローギア(ノーマルギア)が扱いやすくてオススメです。

チェックポイント
タックルについては賛否両論ありますが、僕の場合はコレがベストだと思ってます。

マゴチ釣りのルアーは何を使う?

シンキングペンシルやシンキングミノーを使うと言う人もいますが、個人的にはバイブレーション、メタルジグ、ワームの3種類で攻める事が多いです。

バイブレーション


周囲に強烈なアピールをまき散らすバイブレーションはマゴチに限らずフィッシュイーターには効果的!

特にマゴチは捕食性が高い魚でもあるため、リアクションバイトを誘発できます。

使い方も簡単で基本的にはボトムのズル引きでOK。

カラーはナチュラルのグリーン系かアピール力重視のゴールド系が釣果に繋がりやすいです。

画像の邪道 冷音(Rain) は通常のテッパン系バイブレーションと違い根掛り回避に優れたアイテムです。

テッパン系はロストしやすいため非常に重宝するルアーの一つ。

サーフで使う場合も岩などが点在しているポイントがあるから邪道 冷音(Rain) はオススメだよ!
ぽんた
ぽんた
モブ
モブ
これ1つあれば何かと便利なので持っておくと良いルアーだね。

使い方は簡単で前後に穴が付いており前の穴は通常通りタダ巻きでOK。

後ろの穴はテクニカルホールと呼ばれており、リフト&フォールなどのテクニックに効果的です。

メタルジグ


遠投しやすく距離を稼げるルアーですね。

ボトムのズル引きも有効ですが、ストップ&ゴーなども効果的です。

バイブレーションと同様に広範囲を探る有効な手段の一つになります。

ピンポイントで攻める事ができない人はメタルジグを使う事を検討してみてください。

マゴチに有効なワーム


ハードルアーと違ってより自然な動きを演出できるワームはマゴチ釣りには欠かせないアイテムの一つ。

ハードルアーで食いが悪い時はワームの使い方1つで打開できるシーンも少なくありません。

使い方はボトムのズル引きからリフト&フォールなど様々なアクションで誘えるため応用力が高いのも魅力的。

初心者はボトムのズル引きでOK。
慣れてきたらリフト&フォールやボトムバンプなどのテクニックに挑戦しよう!
ぽんた
ぽんた
モブ
モブ
ワームってテクニカルな印象だけどボトムのズル引きでもいいんだね!

シャッド系のワーム


ワームの種類はシャッド系が一番オススメです。

水の抵抗が強く受けるテール部分がマゴチを効果的に惹きつけてくれます。

アピール力が強いため広範囲を探るのに有効です。

マゴチに有効なワームカラー

マゴチの場合はゴールド系が定番で最強だと思います。

ゴールド系以外にも定番のレッド系、自然なグリーン系も人気。

昼間はクリア系がオススメ!
夜はホワイト系を使うと有効だと思うよ!
ぽんた
ぽんた
モブ
モブ
時間帯によっても違いがあるのは難しく感じるよ。
ならゴールド系だけでも良いかもね!
結局釣れた人が使っているカラーが正解だからそこまで気にしなくていいと思うよ!笑
ぽんた
ぽんた

マゴチのルアーアクション

マゴチに効果的なルアーアクションは下記の3つ!

他にもルアーアクションはありますが、個人的にこれは有効だ!と実感しているアクション3つご紹介します。

スローリトリーブ

モブ
モブ
一番簡単なルアーアクションだね!

ボトムのズル引きです。

思いっきり遠投したらボトムに着底するまで少しまってからゆっくり引いてくるだけ。

初心者でもできる簡単なお仕事です。

どんな初心者でも可能性がある釣り方だと思います。

問題があるとすれば、根掛りが多くなる事くらいでしょうか。

キレイなサーフであれば問題ありませんが、所々に岩がある場所などはロストが多くなり心が折れる原因になりかねません。

根掛かりを警戒しすぎて早く巻きすぎないように!ロストを覚悟してしっかりボトムを攻める心も大切だよ!笑
ぽんた
ぽんた

ストップ&ゴー

ストップ&ゴーはヒラメに有効とされているアクションですが、マゴチにも効果的です。

表層のストップ&ゴーではなくボトム付近をしっかり攻めるようにしてください。

ボトムに着底したら1秒に1回転くらいの速度で巻いてください。

テンションフォールしてボトムに着底させたらまた巻いてを繰り返します。

リフト&フォール

ちょっと難しく感じるけどしゃくって糸フケを取りながら着底。またしゃくるを繰り返すだけだよ!
※テンションフォールの場合
ぽんた
ぽんた

着底後にロッドをしゃくってルアーを持ち上げます。

その後はテンションフォールとフリーフォールの2種類の方法がありますが、基本的にはテンションフォールがオススメ。

こちらのアクションもボトムから離れないようにするのが釣果を上げるコツになります。

マゴチが釣れる時合はいつ?効果的なタイミングとは?

マゴチは照りゴチと言われているように暑い時期の日中に釣れ事が多い魚です。

では何時ごろが釣れる時合なんでしょうか?

マゴチが釣れるタイミングについて言及していきます。

朝マヅメ

夜明けから完全に日が昇るまでの時間帯が朝マヅメです。

僕はこの時間を釣りの「バクバクタイム」と名付けています。

その名の通り魚がご飯を食べる時間帯になります。

バクバクタイムは誰でも簡単に釣れる時合の一つ。釣りに行くならこの時は狙って行きましょう!
ぽんた
ぽんた

プランクトンの関係や明るくなった事で視界が広がり小魚が活動しやすくなるなどの理由で魚の活性が上がります。

朝マヅメはフィッシュイーターにとってもご飯を食べる時間です。

この時間だけサッと釣りをして釣果を上げてスッと帰る

調子の良い時は10投もしないで釣って帰るを繰り返していました笑

夕マヅメ

日没前の夕方から暗くなるまでが夕マヅメです。

日中活動していた小魚は暗くなる前に浅瀬に入ってくるようになります。

そういった小魚を狙ってヒラメやマゴチが浅瀬に入ってくるようになるため活性が高い個体が多いのが特徴です。

僕は「夜のバクバクタイム」と名付けています。

マゴチに関して言えば朝マヅメの方が活性が高いと思いますが、朝マヅメは人が多く釣りがしにくい所も少なくありません。

特に人気のポイントは人が密集していて釣りにならないよね。
ぽんた
ぽんた
モブ
モブ
朝マヅメに比べて人が少ない夕マヅメを狙うのもアリって事だね。
チェックポイント
余談ですが夕マヅメ(ゆうまづめ)の事を「たまづめ」って呼んでいた時期がありました。

潮の上げ3分

潮の動きの中では高活性のタイミングだよ!
ぽんた
ぽんた

干潮になってから潮が動き出す時間帯は「上げ始め」と言われ活性が高くなる時合の一つ。

またタイドグラフ(潮の動き)で干潮から3割くらいの位置にあるのが上げ3分と言われており潮の動きの中で最も釣れるタイミングだと言われています。

このタイミングと朝マヅメ、夕マヅメが重なるタイミングは絶好のタイミング。

他の予定より優先して狙ってほしい最高の時合だと言えるでしょう。

チェックポイント
上げ3分とマヅメが重なるタイミングは個人的に最高だと考えています。
前日や当日の天候によって異なりますが、このタイミングで釣れない場合は、対象の魚がいないか釣り方が間違っている事が考えられます。

潮の下げ7分

マゴチやシーバスを狙うなら下げ7分!ここを狙うのがオススメ!
ぽんた
ぽんた

満潮から下がり始めて7分あたりまでを「下げ7分」と言って上述した「上げ3分」と同様に釣れるタイミングになります。

また潮の下げ7分から干潮になる寸前の「下げ止まり前」も有効な時合の一つ。

マゴチやヒラメなどのフラットフィッシュは潮が下がっている時に良く釣れる印象です。

理由として満潮になるタイミングは潮に乗って小魚が岸に近づいてきやすくなります。

それを追ってマゴチやヒラメ、シーバスなどのフィッシュイーターが近づいてきます。

満潮時に一旦潮が止まり、そこから潮が動いて下がっていきますが、この時に沖へキャストしやすくなります。

つまり人と魚との距離が近づいてアプローチしやすくなるという事です。

まとめ

モブ
モブ
今回のマゴチ狙いの情報はいかがでしたか?マゴチ釣りに苦戦している人は参考にしてみてくださいね。

暑いと釣りが辛いと感じる人も少なくありません。

7月8月9月はシーズンオフと考えている人もいます。

しかしサーフでの釣りは涼しくて気持ちよくて楽しく釣りができます!

まだチャレンジした事のない人はぜひ試してみてください!

また冒頭で話したように個人的にサーフでの釣りにハマっています笑

そのためヒラメの釣果も上がっています!

ヒラメの方はもうちょい寒くなったらシーズンになると思うので違う機会に言及したいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!
ぽんた
ぽんた

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

実際に体験した事や使った商品の事など好きな事を書いています。釣り道具やキャンプギアなど多くの商品を紹介していますが、悪い物は悪い。良い物は良いとハッキリ書くタイプです。基本的に主観にて良い悪いの判断をしていますが、信憑性や信頼性が低いものについては「わからない」と言及しているようにしています。このブログを読んでくれた人にとって少しでも参考にしていただける記事になれば幸いです。