ラッキークラフトのビーフリーズはシーバスにドンピシャ!爆釣したいならビーフリーズを使え!

シーバスの釣果を上げたいとお悩みの人は必見。

このルアーを知らないなら絶対に使うべき爆釣パターンを掴み取るシーバスルアーをご紹介します。

このルアーを使ってパターンを掴めば年間のシーバス釣果は劇的にあがります!

ラッキークラフトのビーフリーズはシーバスルアーでも有名で釣果に期待できるよ!
ぽんた
ぽんた

ビーフリーズが釣れる理由


ビーフリーズが釣れる理由は他のルアーと違って重心固定されている点が挙げられる。

近年では飛距離を出すためにルアーの中にベアリングが入っていたりしているため、どうしても自然な動きを演出できない。

また他のルアーだとどうしても動き出しが鈍く、音も出ているため賢いシーバスに違和感を与えてしまう。

そのため自然な動きができるビーフリーズは他のルアーに比べてシーバスの口を使わせやすいルアーとして確立された地位を獲得している。

余談ですが、ビーフリーズには上述した理由以外にも何かわからない作用が働いているように感じます。

シーバスが狂ってバイトしてくる様子はまるで薬物中毒者のようにみえます笑

そのくらいビーフリーズは釣れるルアーだと思っています。

ビーフリーズ最大のメリット

ビーフリーズの最大のメリットは自然な動きですね。

元々がバス用のルアーとして作られているだけあってそのクオリティは他のソルトルアーを圧倒的に凌ぎます。

有名なガイドボートのプロアングラーにルアーは何を使ったらいいですか?って聞いたら高確率でビーフリーズっていうはずです。

メガバスのX80かビーフリーズの78Sがド定番にして最強クラスのシーバスルアーだと思っています。

ビーフリーズのデメリット

ビーフリーズの最大のデメリットは飛距離が出ない点です。

重心を固定しているから自然な動きを演出できているわけですが、近年のベアリング入りのルアーの方がより遠くに飛ばすことができます。

ビーフリーズ78SやメガバスX80はシーバスの近くを通してあげられれば他の追随を許さないレベルですが、まずそれが難しいという状況も多々あります。

このルアーだけに頼っていていてはおかっぱりをメインに釣行している人にはかなりキツイかもしれません。

飛距離を稼げる鉄板系のルアーと併用して使う事をおすすめします。

ジャクソンのテッパンバイブ(鉄板バイブ)26gは安くて釣れる!

2019年10月13日

ビーフリーズを狙う場所


明暗や橋脚などシーバスが良そうな場所にピンポイントで通してあげると有効です。

また岸から1メートル以内に居ついている事があるため、岸の際ギリギリを通すように投げるのも効果的。

バイブレーションで遠くから寄せてきて手前でビーフリーズに変えてアクションすると面白いほど釣れることがある。

この方法で釣れる場合は、そのシーズンは安泰だと思えるほど連発した釣果に期待できます。

ビーフリーズのアクション方法(使い方)

ビーフリーズのエイトアクションは絶対に覚えてほしいルアーアクションの一つだよ!
ぽんた
ぽんた

基本的にはファストリトリーブを使い反応をみます。

ピンポイントで絶対にシーバスがいるなと思った場所ではストップ&ゴーを使うようにしています。

ストップ&ゴーのストップした瞬間にバイトするケースがほとんどなので、1秒ほどピタっと止めてまた巻くという事をしてみましょう。

上述したようにバイブレーションなどで遠くから寄せてくるパターンの場合はエイトアクションというルアーアクションを使います。

エイトアクションは足元でルアーを八の字に回してグルグルさせるアクションです。

このアクションを知らない人はこんなアクションで釣れるの?ってビックリするかもしれませんが、かなり効果が高いです。

こつは早く大きく動かす事ですね。

この方法でシーバスが食いついてこなければ10m以内にシーバスはいないって言い切ってもいいくらいバイトを誘発させられます笑

エイトアクションの参考動画です。

対象魚はブラックバスですが、シーバスにも有効なので絶対に覚えてほしいルアーアクションです。

ビーフリーズの種類

 

この投稿をInstagramで見る

 

nono shinさん(@shin_burai_shot)がシェアした投稿


ビーフリーズはかなりの多くの種類があり、サイズやカラーのバリエーション選びに悩むかと思います。

一番スタンダードなのは78Sシリーズ。

シーバスを狙いたいならもうこれだけ買っておけばOKだと思うくらいの定番ルアーですね。

リップはノーマルタイプが一番使うと思いますが、深く沈まないルアーなので、深場を攻めたいならロングリップのタイプも用意しておくと安心かも。

サイズに関してですが65や100といったサイズがありますが、78Sが一番オススメです。

大きいシーバスも小さいシーバスも78Sで食ってくるので78S十分。

資金に余裕があればシュチュエーションに合わせて他のサイズや種類を揃えてみてはどうでしょうか。

個人的にオススメのビーフリーズの種類をまとめておきます。

  • 78Sレッドヘッド
  • 78Sメタリックイワシ
  • 78Sキビナゴ
  • 78Sスティンレッドゴールド

まとめ

ビーフリーズを使って初めてシーバスのパターンを掴んだ時は、1日の釣行で10匹以上釣る事ができました。

時期や場所によって左右されるとは思いますが、今でもそのパターンを使って釣る事が多々あります。

テッパンバイブレーションのように何も考えずに投げれば釣れるというわけではない分、初心者には扱いが難しいかもしれませんがシーバスがいるポイントを見極める事ができているならこんなに頼もしいルアーはないと思っています。

シーバス釣行でビーフリーズを使った事のない人は一度お試しあれ。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

実際に体験した事や使った商品の事など好きな事を書いています。釣り道具やキャンプギアなど多くの商品を紹介していますが、悪い物は悪い。良い物は良いとハッキリ書くタイプです。基本的に主観にて良い悪いの判断をしていますが、信憑性や信頼性が低いものについては「わからない」と言及しているようにしています。このブログを読んでくれた人にとって少しでも参考にしていただける記事になれば幸いです。