ヒラメの泳がせ釣りに挑戦したよ!

ルアーの釣りも楽しいけど、たまには餌釣りしたくなる!

という事で今回の餌釣りはヒラメの泳がせ釣りです!

泳がせ釣りはほとんど経験がなくて初心者ですが、ヒラメ自体はこれからシーズンになりますので参考にしていただけたら幸いです。

モブ
モブ
本当にサーフにハマってるね笑
うん!
サーフのマゴチについては関連記事をご覧ください。
ぽんた
ぽんた

サーフでマゴチを狙おう!ルアーやワームのアクション方法などの釣り方から狙うべき時合について

2019年9月4日

ヒラメの泳がせ釣り餌はアジ、サバ、イワシ

餌はアジやイワシが一般的ですね。

遊漁船だとイワシが多いってイメージです。

場所や季節によって違いがあると思うので船長さんや地元の釣り具屋さんに聞いてみてください。

今回使った餌はサバです!

理由はサバが釣れたから。ただそれだけです。

仕立て船だと生き餌さのイワシやアジを用意してくれてる所が多いと思います。

また用意してくれてなくても漁港近くの釣具屋さんに行けばアジなど売られているのでほれを使う人も多いでしょう。

しかし今回は生き餌さは現地調達。

アジやイワシはすぐに弱ってしまう魚です。

近くの釣り具屋さんで売っていないときは現地調達するしかありません。

魚辺に弱いと書いて鰯ですからね笑

アジやイワシ、サバのサビキ方法

というわけでヒラメの餌となる小魚を釣らなければなりません。

ここでつまづいてしまうと勝負をする前にヒラメを諦めなければなりません。

今回のサビキ仕掛けはこんな感じです。

上にカゴがついていて、その次に針がついています。

一番下に重りです。

オモリの重さは乗る船によって決まっている事が多いです。

潮の流れに応じてオマツリしないように決められたルールなので船長さんに確認してオモリを付けてください。

釣り具屋さんにいって「ヒラメの餌を釣るための船でやるサビキの仕掛けください。

って言えば見繕ってくれるはず。

サビキの餌はオキアミと集魚用の粉末です。

サビキは誰がやっても釣れる仕掛けだと思います。

小さい子供でも釣っている仕掛けなので説明は釣り方は割愛します。

逆に釣れない時は誰がやっても釣れないのがサビキです。

小魚がいないので場所を変えるようにしましょう。

キスやハゼを餌に使うのはどうなの?

悪くはないと思います。

個人的にはキスやハゼを使うとコチやツバス、ハマチなど対象のヒラメとは違う魚がヒットする確率が高くなるように思います。

もちろんアジやイワシを使っても青物が釣れますがキスやハゼより青魚を餌にした方が良い気がします。

ヒラメの泳がせ釣り仕掛け


今回のヒラメの泳がせ釣りの仕掛けはこんな感じ

青丸の所が針です。

画力がなくてすみません笑笑

上の針を餌となる小魚の上顎に突き刺します。

下の針を小魚の尻尾あたりに突き刺してください。

一番下にオモリを付けます。

上記のサビキのオモリと同様に乗る漁船によってオモリの大きさが決められています。

漁船の船長さんに聞いてみてください。

今回はオモリの重さが決まっていなかったので、40号をチョイスしました。

ヒラメ泳がせ釣りのコツ

海底から少し浮かした状態を維持するのが大事です。

定期的に底を取っておかないと潮の流れで船が移動した時にタナがズレていきます。

想像だと完璧にフラットな砂浜を想像していても底をとっていると意外と凹凸がある事に気付けると思います。

しっかりと底をとりヒラメが釣れるタナを維持する事が大事です。

海底を意識して定期的に動かしている方が餌となる子魚も動いてアタリが多くなります。

ヒラメ泳がせ釣りの合わせ

画像は友人のアタリです。

この時はまだ本アタリではなくガシガシと食べてる時になります。

見た目はそこそこ引き込まれているように見えますが、たぶんこのタイミングだとスッポ抜けます笑

ヒラメの泳がせ釣りでは竿がしっかり引き込まれるまで待つというのが一般的です。

最初のアタリは小魚をかじっているだけと言われています。

ヒラメが餌をしっかり飲み込んだら合わせます。

40秒くらい待った方が良いという意見もありますが個人的にはそこまで待っていなくも良いかと思います。

竿が大きく引き込まれてから合わせれば釣れました。僕の時は10秒くらいだったと思います。

何秒で合わせるというよりも竿の状態を見て判断する方が間違いないかと。

このあたりが餌釣りの醍醐味と言えるでしょうね。

ヒラメ泳がせ釣りロッド

DAIWAのライトゲーム用のロッドです。

ヒラメ用というわけではありませんが、アジやサバから鯛やヒラメまで様々な魚種をカバーできる優れもの。

またスピニングとベイト兼用なので汎用性が高いです。

ヒラメの泳がせ釣りリール

こちらもヒラメ専用ってわけではありませんが、おすすめのリールですね!

アブガルシアのベイトリールは安価なわりに高性能なのでかなり使い勝手がいいです。

1万円ちょっとの価格ではかなり使えるリールだと思っています。

ベイトリール使った事ない人に何が良いって聞かれたらアブガルシアのベイトリールを勧めているよ!
ぽんた
ぽんた
モブ
モブ
もっと安いベイトリールじゃダメなの?
ベイトリールに慣れていないとバックラッシュしちゃって使い物にならない事が多いんだよ。
ぽんた
ぽんた
モブ
モブ
ベイトリールはスピニングより扱いにくいからね。
高性能なベイトリールの方がストレスなくできるけど値段が高いからアブガルシアの価格帯と性能がバランスが良いと思っているよ!
ぽんた
ぽんた

ヒラメの泳がせ釣りの感想

朝マヅメから速攻でサバを釣って泳がせ釣りをしていましたが、朝一は不発。

友人にもアタリなしで撃沈でした。

諦めて帰ろうかと思ったんですが、昼間はマゴチが釣れるかもしれないと思い続行。

照りゴチと言われるくらいだから日中でも釣れるだろうと思って頑張っていたらグッと強いアタリ。

朝から強い引きを味わっていなかったので、興奮のあまり即合わせしそうでした笑

なんとか落ち着いて、竿を見てるとグンっと大きなアタリが!

ここだ!と思いグイっと合わせたら乗ってました!

あとはゆっくり慌てずに引き上げました。

久しぶりの餌釣り、しかも生き餌の泳がせ釣りでしたがすごく楽しかったです。

生き餌を食べだしてからしっかり飲み込むまでの間が絶妙で脳汁がブシャッーって出ているのがわかります笑

合わせるのが早すぎるとスッポ抜けるし、遅いと餌をかじられて逃げられるかもしれないのでタイミングを見極めるが楽しい釣りだと思います。

ルアーの場合は即合わせで釣れる事が多いのでまた違った楽しみがありました。

一生幸福でいたいならヒラメの泳がせ釣りはやった方が良いかと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

実際に体験した事や使った商品の事など好きな事を書いています。釣り道具やキャンプギアなど多くの商品を紹介していますが、悪い物は悪い。良い物は良いとハッキリ書くタイプです。基本的に主観にて良い悪いの判断をしていますが、信憑性や信頼性が低いものについては「わからない」と言及しているようにしています。このブログを読んでくれた人にとって少しでも参考にしていただける記事になれば幸いです。