【閲覧禁止】ぐぐってはいけない言葉【2019年度最新版】

閲覧してはいけない言葉って聞くと検索したくなっちゃう。
ぽんた
ぽんた
モブ
モブ
こらこら。
いろいろと危ないからやめなさい
でも気になるよ!
ぽんた
ぽんた
モブ
モブ
しょうがないな。
調べるなら自己責任でお願いします。
了解!
それじゃあ、気になった「検索してはいけない言葉」を検索して行くよ!
ぽんた
ぽんた

POSO(動画)

恐怖★☆☆☆☆
危険度★☆☆☆☆
グロ度★★★☆☆
トラウマ度★★★☆☆

戦争の時のグロ動画です。

恐怖、危険度は少ない動画ですがグロ度とトラウマ度はそこそこな動画。

グロが苦手な人は見ない方が良い。

閲覧注意

動画:POSO

wiki引用
ポソ宗教戦争は、ポソで1998年末から2001年末に起こった宗教戦争である。
この抗争により、数千人が死亡し、60,000世帯以上が避難したとも報告された
死者数、避難民の数は正確には分かっていない。

ポソ宗教戦争

生き物を飼ってしまった少年(動画)

恐怖★☆☆☆☆
危険度★☆☆☆☆
グロ度★★★☆☆
トラウマ度★★☆☆☆

ニコ動で見られるこめかみに大量のウジがうごめいている少年の動画。

虫系苦手な人は気分悪くなるかも。

それなりのグロ度があるがそれだけ。

ウクライナ21(動画)

恐怖★★☆☆☆☆
危険度★☆☆☆☆
グロ度★★★★☆
トラウマ度★★★☆☆

アイスピックで腹をめった指しにしたり、ハンマーで頭をボコボコにしている殺人動画。

軽い気持ちで見るとゲロ吐きそうになるが、覚悟してみればどうって事はない。

グロが苦手な人でも少しずつ見ていくと慣れてくると思う。

閲覧注意

動画:Ukraine21

wiki引用
ウクライナの若者らが男性を拷問の末に殺害する顛末を録画したホームビデオの通称である
「21」は、この若者らによって殺害された被害者の人数が21人であるのが由来とされる

ウクライナ21

生きものと女(動画)

恐怖★★☆☆☆
危険度★★★☆☆
グロ度★★★★☆
トラウマ度★★★★☆

巨大ヤスデやカエル、毒グモなどを使ったアダルトビデオ。

この会社の作品は鬼畜で悪質な作品を多く世にだしていて、見た人の多くは気持ち悪くなり、嫌悪感を抱く。

出演女優の告発から会社の代表が懲役18年という実刑になっているガチでヤバい会社。

見てしまった男性がEDになるほどのグロさ。

実害があるため危険度も★3つ。

wiki引用
バッキー事件とは、ビデオ制作会社「バッキービジュアルプランニング」によるAV女優や素人モデルに対する強姦致傷事件。

バッキー事件

トミノの地獄(呪い)

恐怖★☆☆☆☆
危険度★★★☆☆
グロ度★☆☆☆☆
トラウマ度★☆☆☆☆

声を出して読むと呪われると言われている詩。

事故にあったり、不幸な事がおこってしまうそうです。

また、黙読であっても何度も読むとヤバいらしいが大した事のないただの都市伝説だと思う。

僕はこの記事を掲載する時に、何度も読んでみたが、今のところ何も起こっていない。

閲覧注意

ブログ:【都市伝説】トミノの地獄

追記
読んでから何年も経過していますが、呪いは確認できていません。
この手の呪いはたぶん思い込みでしょうが、念のため読むなら自己責任でお願いします。

wiki引用
姉は血を吐く、妹(いもと)は火吐く、可愛いトミノは宝玉(たま)を吐く。
ひとり地獄に落ちゆくトミノ、地獄くらやみ花も無き。
鞭(むち)で叩くはトミノの姉か、鞭の朱総(しゅぶさ)が気にかかる。
叩けや叩きやれ叩かずとても、無間(むげん)地獄はひとつみち。
暗い地獄へ案内(あない)をたのむ、金の羊に、鶯(うぐいす)に。
皮の嚢(ふくろ)にやいくらほど入れよ、無間地獄の旅支度。
春が来て候(そろ)林に谿(たに)に、暗い地獄谷七曲り。
籠にや鶯、車にや羊、可愛いトミノの眼(まなこ)にや涙。
啼(な)けよ、鶯、林の雨に妹恋しと声かぎり。
啼けば反響(こだま)が地獄にひびき、狐牡丹の花がさく。
地獄七山七谿(ななやまななたに)めぐる、可愛いトミノのひとり旅。
地獄ござらばもて来てたもれ、針の御山(おやま)の留針(とめばり)を。
赤い留針だてにはささぬ、可愛いトミノのめじるしに。

詩集「砂金」引用

アステカの祭壇(呪い、画像)

恐怖★☆☆☆☆
危険度★★★★☆
グロ度★☆☆☆☆
トラウマ度★☆☆☆☆

見ると呪われる写真らしいが、呪いを信じていない人には恐怖は全くない。

それでもこの画像にはなんとなく不気味さや不快さを感じる。

僕は呪われなかったが、もし見るなら自己責任で。

閲覧注意

グーグル画像検索:アステカの祭壇

ニコニコ大百科引用
写真に写り込む赤い影
アステカ文明の祭具が映り込んだものと言われている

この「アステカの祭壇」の心霊写真をアンビリーバボーなどのテレビの心霊特集で放送したところ、テレビ局に多数の霊能者から「何というものを放送するんだ」と苦情が入り、テレビでの心霊写真特集が減った原因であるとも言われる。

アステカの祭壇

胎児スープ(画像)

恐怖★★★☆☆
危険度★☆☆☆☆
グロ度★★☆☆☆
トラウマ度★☆☆☆☆

中国のとあるレストランで人間の子供をスープにしている画像。

見る人が見ればグロくて不快な気持ちでいっぱいになるだろう。

初めは嘘っぽいと思っていたが中国はもともと人肉を食したり骨を漢方薬として販売したりする習慣があったようであながち嘘ではなさそうなところに恐怖を感じる。

合わせて凌遅の刑についても検索すると恐怖が増します。

心霊的なものよりも、同じ人間がやっている事の方が恐怖を感じたので★三つ。

閲覧注意

グーグル画像検索:胎児スープ

グーグル画像検索:凌遅の刑

トミダの股割れ(未解決事件)

恐怖★★★☆☆
危険度★☆☆☆☆
グロ度★☆☆☆☆
トラウマ度★★★☆☆

実際におこった「ゆきちゃん失踪事件」に関係する怪文書の送り主が「トミダの股割れ」

一見すると意味不明な怪文書だが、部分的に解釈できる所もある。

暗号っぽい感じもするが、何のために誰が送ったのか不明。

何より、怪文書が気持ち悪い。

送ってた人は「ゆきちゃん」を誘拐した人の関係者?

心霊系よりも実際に起こった事件だし、未解決って事もあって恐怖を感じる。

良栄丸遭難事故(事件)

恐怖★★★☆☆
危険度★☆☆☆☆
グロ度★☆☆☆☆
トラウマ度★★★☆☆

名前の通り、漁船の遭難事件の話。

航海日誌が状況を鮮明に記録しておりそれが恐怖を掻き立てる。

本当に怖いのは人間なのだと思知らされた。

不可解な事も多くあり、考えれば考えるほど怖くなる。

閲覧注意

Wikipedia :良栄丸遭難事故

NAVERまとめ引用
漁業従事中にエンジンが故障、北太平洋をおよそ11ヶ月間漂流した。
その間に乗組員は全員死亡したが、船体は北アメリカ大陸西岸に漂着した。
海難事故で生存者がいなかった場合は、一般にその遭難の原因や経過を知ることが困難な場合がほとんどだが、当事故においては船体が沈没せず、克明に記された航海日誌が残されており、その漂流の経過が判明している。

良栄丸遭難事故

ひとりかくれんぼ(怪談)

恐怖★★☆☆☆
危険度★★★☆☆
グロ度★☆☆☆☆
トラウマ度★☆☆☆☆

別名「ひとり鬼ごっこ」

霊を呼び出す事ができる降霊術の一つ。

メディアで取り上げられたり、映画化もしているため近年では有名な怪談。

2時間以上続けると呪われたり、霊障害がおこるとされている。

実際にやってみたが、何も起こりませんでした。

機会があればこれについて深堀して言及していきたいと考えています。

夜中にひとりで「ひとりかくれんぼ」を行うという、状況が怖いだけ。

真の恐怖はボッチにあり。

閲覧注意

動画:ひとりかくれんぼ

くねくね(怪談)

恐怖★★★☆☆
危険度★★★☆☆
グロ度★☆☆☆☆
トラウマ度★★★☆☆

ネット上で広まった怪談の一つ。

ただの都市伝説ではあるが、都会や田舎で出現する様々な話があって夜道を一人で歩いているときに思い出すとちょっと怖い。

話を聞いたりしてもどうにもならないが、くねくねを近くで見たら一発アウトらしいので危険度は★三つ。

閲覧注意
NAVER まとめ:くねくね

夜中に1人でコンビニ行くときとかふとした時に思い出してしまい恐怖を感じています。
トラウマ度を★4くらいあるかもです。

見テ見ヌ素振リ目潰シテシマヘ(サイト)

恐怖★☆☆☆☆
危険度★☆☆☆☆
グロ度★★★☆☆
トラウマ度★★☆☆☆

鮮明ではっきりしたグロ画像が多数、掲載されているサイト。

動画と違い画像のみだが、なかなかの威力。

POSOやウクライナ21で耐性を作った人なら、なんて事ない。

終わらない夏休み 猟奇小説(サイト)

恐怖★☆☆☆☆
危険度★☆☆☆☆
グロ度★★★★★
トラウマ度★★★★☆

非情で残酷な拷問レイプ小説。

画像や動画でなく活字だからこそグロいと思う。

この小説を初めから最後まで読めた人はグロ耐性が高い人、もしくは異常な変態。

閲覧注意
サイト:終わらない夏休み

何度かチャレンジしていますが、なかなか最後まで読めません。活字だからこそ想像してしまうのでしょうか。
僕は完読できないと思います。トラウマ度は★5。恐怖を★3に引き上げます。

愛の妖精ぷりんてぃん(サイト)

恐怖☆☆☆☆☆
危険度☆☆☆☆☆
グロ度☆☆☆☆☆
トラウマ度☆☆☆☆☆

ある意味で恐怖の電波系不思議サイト。

昔は宗教関係のサイトという噂もありましたが、新感覚ニュースサイトのようです。

最近、サイトのデザインが変更され「フリー写真素材ぱくたそ」のモデル、河村友歌さんがサイトのいたるところ見られます。

特にトップページの最初の所は必見。

河村友歌さんが舞っていますw

現在はさまざまな有名人をゲストと称してサイトで紹介しているみたいです。

トラウマ画像を見すぎて参ってしまった人は愛の妖精に癒されてみてはどうでしょうか?笑

問題なく閲覧できます

サイト:愛の妖精ぷりんてぃん

exe ファイル 捨てたい

恐怖☆☆☆☆☆
危険度☆☆☆☆☆
グロ度☆☆☆☆☆
トラウマ度☆☆☆☆☆

ウイルス被害にあった人がたくさん検索した事から話題になったようです。

情報が古いサイトではウイルスに感染するから検索してはいけない等の事が書いてありますが、現在ではこの検索キーワードでマルウェアに感染するようなサイトは見受けられません。

普通にマルウェアに感染しそうなサイトがいっぱいある昨今、このキーワードで検索したから危険と言う事はありませんね。

はだしのゲン【アニメ】:2019年追記

恐怖★☆☆☆☆
危険度★☆☆☆☆
グロ度★★★★☆
トラウマ度★★★★☆

恐怖や危険度は低いですが、グロ度とトラウマ度はかなり高いです。

気分が悪くなるのは同じ日本人だからなのか、違う人種でもそう思うのかはわかりません。

POSOを見た後だとそれなりのグロ耐性が付きますが、これには通用しませんでした。

実際の映像よりアニメだからグロいと感じてしまうのだろうか。

アニメだといろいろと想像してしまうのかもしれませんね。

日本人には必ず見てもらいたい動画ですが気分が悪くなるから閲覧注意です。

平和な時代を作っていくためにも戦争の愚かさや悲惨さを教訓にするために見てもらいたいと感じます。

↓見たい人は自己責任でどうぞ。

The Human Experiment:2019年追記

恐怖☆☆☆☆☆
危険度☆☆☆☆☆
グロ度☆☆☆☆☆
トラウマ度☆☆☆☆☆

ダークウェブにあるかなり残虐なサイトとして有名です。

生物の解剖や薬の実験など残虐かつ非人道的な行為が閲覧できるサイトで有名ですが検索しても特に問題ありません。

というか、サイトそのものがなく都市伝説のようなもので実在を確認する事ができないサイト。

youtuberなども動画内でアクセスを試みていますが、実際にアクセスはできていないっぽいです。

Ahmia:2019年追記

恐怖☆☆☆☆☆
危険度☆☆☆☆☆
グロ度☆☆☆☆☆
トラウマ度☆☆☆☆☆

ダークウェブを検索できる検索エンジンです。

クレジットカード情報や薬物や違法な取引の犯罪行為に関係する情報が調べられます。

検索精度が高いと言われていますが、そうは思いません。

とは言え、あらゆるダークウェブのサイトに繋がっていると考えるとそこそこ危険かもしれません。

ハッキングされたり、マルウェアが侵入するという噂がありますが、僕のPCでは確認できていません。

僕のPCなんて大した情報がないから誰もハッキングしようとしないかも知れませんが笑

Ahmia自体はそこまで危険ではないと思いますが、使い方(検索ワード)によっては危険度は上がると予想します。

閲覧注意
直リンク:Ahmia

まとめ

さて検索してはいけない言葉はいかがでしたか?

かなりグロいワードもあったと思いますが、覚悟をしていればなんとかなるような気がします。

モブ
モブ
ぽんた君、ぽんた君。
一生幸福でいるためにこういう言葉は調べない方がいいんじゃない?
確かにね!一理あると思うけど逆だよ。
ぽんた
ぽんた
モブ
モブ
どういう事?
人が怖い話を聞いたり心霊スポットに行くのは心理的に安心したい気持ちがあるからなんだってさ!
ぽんた
ぽんた
恐怖心やグロいものを見て、ちょっと落ち着いた時に今の自分は安全だって認識する事で幸福な気持ちになれるんだよ!
ぽんた
ぽんた
モブ
モブ
トラウマになったら一生後悔するよ?
ていうか実際にトラウマになっているものあるでしょう。
そうだね笑笑笑
トラウマになるものは見ない方がいいよね。
トラウマ度が高いものは気を付けて閲覧してください笑
ぽんた
ぽんた

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    実際に体験した事や使った商品の事など好きな事を書いています。釣り道具やキャンプギアなど多くの商品を紹介していますが、悪い物は悪い。良い物は良いとハッキリ書くタイプです。基本的に主観にて良い悪いの判断をしていますが、信憑性や信頼性が低いものについては「わからない」と言及しているようにしています。このブログを読んでくれた人にとって少しでも参考にしていただける記事になれば幸いです。