ドライブレコーダーの選び方、楽天のおすすめや価格、アクションカメラ、バックモニター、車中監視機能について

モブ
モブ
ドライブレコーダー関連の記事も3つ目だね。
うん。
まだ読んでない人はどうぞ。
ぽんた
ぽんた

ドライブレコーダーのメリットとデメリット、必要性は?前後カメラ、リア、動体検知など必要があるか考察

2019年7月16日

ドライブレコーダーはあおり運転の防止や事故の保険対応に役立ちます。当て逃げされた経験による言及と考察

2019年7月17日
モブ
モブ
ドライブレコーダーが役立つ事はわかったけど、結局どんなものを選んだらいいのさ?
そうだね。価格や性能に違いがあるから迷うよね。
今回はそのあたりの事を言及していくから参考にしてみてね。
ぽんた
ぽんた

楽天のおすすめドライブレコーダー


楽天のランキングで1位を獲得したこちらのドライブレコーダーは、エンジン始動で起動するタイプです。

当て逃げなどにも対応できるように衝撃検知機能もバッチリ搭載◎

価格帯は5000円以下なのに前後カメラ搭載は魅力的ですね。

5000円以下っての言うのが信じられないくらい視認性も高く天候に左右されない機能も嬉しいポイント。

性能面でも素晴らしく前方170度と後方120度の広範囲撮影は優れもの。

真横の撮影は難しいのですが、横もある程度はカバーできるのがうれしいアイテムですね。

全方位カメラを取り付けることを考えると予算が厳しいって人にはオススメです。

アクションカメラのドライブレコーダー


カーモード機能+センサー+動体検知機能+ループ録画機能を組み合わせてアクションカメラをドライブレコーダーとして動かします。

アクションカメラだけあって通常のドライブレコーダーより動画がヌルヌル動きます。

フレームレートは最大で120fpsと一眼カメラ並みかそれ以上。

こちらのアイテムの良い点はドライブレコーダー以外の使い方ができると言う点でしょうか。

豊富なオプション品により自転車での撮影水中の撮影はもちろん、外部マイクを取り付けて綺麗な音声を拾えます。

ドライブ中に話ながら撮影したり、いろいろ使えそうですね。

ルームミラー型のドライブレコーダー


3000円代とにかく安い

他の商品と比べると映像の精度は劣るように思いますが、事故にあった時の最低限の証拠という考えならこれで十分かと思います。

価格帯がすごく安いのは素敵ですね!コスパは正義

とはいえ夜間の撮影や動体検知や衝撃検知などが不安を感じます。

万が一の事を考えるともう少し性能が良い物を付けたい所ですが、予算的に安いもので済ませたいって人には最適かも。

この価格帯でルームミラー型っていうのもそんなにないと思いますのでドライブレコーダーを始めてつけるって人は検討してみては?

バックカメラ付きルームミラー型のドライブレコーダー


大きなルームミラー型のドライブレコーダーは見た目もカッコいいですね!

10インチの液晶に前後カメラ、170度の広角撮影と機能性も十分!

タッチパネルもカッコよくて操作性も抜群です。

衝撃録画機能もあり、急ブレーキや衝撃を検出して自動的にデータを保存してくれます。

上書きしないように別で保存してくれるので、電子機器が得意じゃない人も安心

駐車監視機能付きルームミラー型のドライブレコーダー


こちらのドライブレコーダーは価格帯のわりには多くの機能が付いている優れ物。

動くものを検知するモーションセンサー機能や車から離れていても安心の駐車モード

振動を検知して動画を保存するセンサー機能は間違って動画を消さないように動画を自動保護してくれます。

さらには不自然な車線変更とみなされる動きをした場合に警告してくれる居眠り運転防止機能までついています。

これだけの機能がついていて1万円以下はお買い得ですね!

360度全方位撮影ルームミラー型のドライブレコーダー


車の周り360度を撮影する全方位撮影型のドライブレコーダーです。

死角がないため予期せぬ方向からの事故にも安心ですね!

タッチパネルで簡単に操作でき、駐車モード衝撃検知もバッチリ。

取り付けもシガーソケットに繋ぐだけと女性でも簡単便利なアイテムの一つ。

値段はそこそこしますが、お店での設置工賃などを考えれば安い方だと思います。

夜間に強い!ルームミラー型のドライブレコーダー


安心と信頼のSONYセンサーを搭載しているドライブレコーダー。

200万画素と高画質に加え、夜の撮影に強い性能も魅力的ですね。

後方からのヘッドライトが眩しくないように防眩加工が施されているため視界を妨げないのも地味に嬉しいポイント

衝撃検知や動体検知はもちろん逆光や明暗差のある場所でもキレイに撮影してくれるハイダイナミックレンジという機能も素晴らしいです。

その他にも地デジと鑑賞しにく電波設計露出値を自動調整してくれる機能、緊急バックアップ機能など数多くの機能がついています。

価格だけの性能は十分あるアイテムですね。

まとめ

さていかがでしたか?

ドライブレコーダーは様々な機能がありますが、良い機能をたくさん付けようと考えると価格が高くなってしまいます。

予算と相談しながらどんなものが良いのか?

普段の運転する場所や時間帯、運転する人などの環境によって適切なものを選ぶようにしましょう。

通勤にしか車を使わず明るい場所でしか乗らない人には夜間の撮影はいらないと思いますし、不特定な時間帯に車に乗る人や移動距離の多い人は良い機能を付けておいた方が安心だと思います。

無駄なものと思う人もいるようですが、事故にあった事を考えると結果的にプラスになる事がほとんどです。

さいごまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

実際に体験した事や使った商品の事など好きな事を書いています。釣り道具やキャンプギアなど多くの商品を紹介していますが、悪い物は悪い。良い物は良いとハッキリ書くタイプです。基本的に主観にて良い悪いの判断をしていますが、信憑性や信頼性が低いものについては「わからない」と言及しているようにしています。このブログを読んでくれた人にとって少しでも参考にしていただける記事になれば幸いです。