絶景キャンプスポット!日本のエリア別絶景おすすめキャンプ場

夏場に人気の高い、アウトドアの一つであるキャンプですが、家族や仲間と一緒に食事を楽しんだり、自然の中で遊んだりできるのが魅力です。

日常生活で味わえない景観を楽しめるのも、魅力の一つではないでしょうか。

山や川が国土の大部分を占める日本では、自然が作り出す「絶景」スポットが多くあります。

景色で感動!絶景キャンプ場で思い出作り

キャンプは、非日常的な環境を楽しむアウトドアですので、たとえ家の庭でテントを設営し、寝たとしても、子どもは喜んだりします。

ですが、絶景スポットでキャンプをすれば、子どもだけでなく、大人の方でも思い出として心の中に刻み込まれることでしょう。

キャンプ場を選ぶポイントとしては、キャンプ場の立地や施設が持つ設備など、利用のしやすさを元にするかもしれません。

ですが、利用しやすさとは別の視点であるロケーションより、おすすめのキャンプ場をご紹介していきます。

天然温泉と夜空を楽しむ知床岬にあるキャンプ場『知床国立公園羅臼温泉野営場』

北海道は、ツーリングをしながらキャンプを楽しむライダーをはじめ、アウトドアを楽しむ人が集まるエリアです。

そのようなキャンプ地として人気のスポットの一つに、知床国立公園羅臼温泉野営場があります。

知床国立公園羅臼温泉野営場は、森林に囲まれたキャンプ場で、野生の鹿なども遊びにやってきたりする、自然豊かなキャンプ地となっています。

昼間は森林浴を楽しみ、夜間の星空を楽しめる絶景のスポットです。

キャンプ場に並走する国道を挟んだ向かいに、無料の天然露天温泉である「熊の湯」があります。

周辺が暗いこともあり、星空を楽しむことができるスポットの一つとなっています。

知床国立公園羅臼温泉野営場の概要

開設時期6月~10月8日
状況によって異なるため要問合せ
住所目梨郡羅臼町湯ノ沢町
電話番号0153-87-2126
料金清掃協力金 300円(小学生以上)
有料ゴミ袋 200円
営業時間9時~12時
15時~18時
※15時以降は管理人が在中
駐車場53台
バリアフリー化有り
車いすトイレ完備
車いす対応炊事場有り
ホームページhttp://www.rausu-town.jp/kankou/activity/activity.php

道北のキャンプ場『クッチャロ湖畔キャンプ場』

オホーツク海に面した、クッチャロ湖の湖畔にあるキャンプ場に「クッチャロ湖畔キャンプ場」があります。

こちらは、目の前にクッチャロ湖があり、湖畔に整備されたキャンプ場は、平坦な芝地になっています。

車輛の乗り入れはできませんが、荷物の搬入は、さほど苦にはならないキャンプサイトになっています。

ここで楽しみたいのは、クッチャロ湖に沈んでいく夕日の姿です。

天気に影響を受けますが、晴れた日の夕日は、感動ものです。

クッチャロ湖畔キャンプ場の概要

開設時期5月~10月
住所北海道枝幸郡浜頓別町クッチャロ湖畔
電話番号01634-2-4005
料金大人200円
小人100円
貸テント4人用 1500円
営業時間9時~17時
駐車場有り
バリアフリー化無し
ホームページhttp://www.hotel-wing.jp/location.html

函館周辺で景観を楽しむキャンプ場『東大沼キャンプ場』

東大沼キャンプ場は、函館市より車で約50分北上したところにある、国定公園内にあるキャンプ場です。

大沼国定公園内にあるキャンプ場で、無料で利用できるようになっています。

そのため、管理棟などの設置はなく、基本ゴミは自身で持ち帰ることが原則となっているほか、焚火など、直火での調理は禁止されています。

夜になると星空が非常に美しく、朝の大沼からの朝靄など、とても美しい景観を味わうことができるキャンプ場になっています。

東大沼キャンプ場の概要

開設時期4月下旬~11月
住所北海道亀田郡七飯町字東大沼
電話番号0138-67-3477
※カーナビ検索不可
料金無料
営業時間なし
駐車場100台
バリアフリー化無し
ホームページhttps://www.hakobura.jp/db/db-fun/2010/08/post-20.html

東北のキャンプ場『裏磐梯桧原湖畔松原キャンプ場』

裏磐梯桧原湖畔松原キャンプ場は、福島県耶麻郡北塩原村に位置します。

このキャンプ場へは、桧原湖をボートに乗船し移動する関係で、チェックイン・チェックアウト時間が限られています。

山々に囲まれた桧原湖の景観は、大自然に包まれていると実感することができる絶好のスポットです。

食料さえ用意していけば、テントなどもレンタル可能ですので、初心者にもおススメのキャンプ場だといえます。

いかだの組立て体験や冬場のワカサギ釣りなどのアクティビティも楽しめるので、子ども連れの方には、思い出作りにも最適です。

裏磐梯桧原湖畔松原キャンプ場の概要

開設時期5月上旬~11月ごろまで
住所福島県耶麻郡北塩原村剣ヶ峯1093
電話番号0241-32-2247
テントサイト料金1区画1泊:3,000円~
使用料1名1泊:大人1,800円:小学生1,300:幼児800円
バンガロー料金6畳6,000円:12畳11,000円:8畳2階建て15,000円:12畳2階建て20,000円
使用料1名1泊:大人1,800円:小学生1,300円:幼児800円~
営業時間14時30分~18時
駐車場80台
バリアフリー化無し
ホームページhttp://www.urabandai-camp.com/

逆さ富士を楽しめる関東のスポット『浩庵キャンプ場』

浩庵キャンプ場は、富士五湖の一つである本栖湖に面したキャンプ場です。

本栖湖を挟み、真正面に富士山を望んでいることから、本栖湖水面には富士山が映り込み、逆さ富士を楽しむことができます。

実はこの風景、千円札裏側のデザインなのです。

湖畔に面したテントサイトで、富士山を眺めながらのひと時を楽しんでみてはいかがでしょうか。

浩庵キャンプ場の概要

開設時期キャンプは通年営業
住所山梨県南巨摩郡身延町中ノ倉2926
電話番号0556-38-0117
料金1人1泊600円
駐車場1000円
営業時間8時~20時
※ゲート開放時間
駐車場1泊1台1000円
バリアフリー化無し
ホームページhttps://kouan-motosuko.com/

北陸のキャンプ場『銀河もみじキャンプ場』

長野県には、日本で一番の星空を持つキャンプ場に輝いた、銀河もみじキャンプ場があります。

標高は1,200mと結構高い場所に位置しています。

サイトでは南向きに大きな空が広がっており、南信州の山々を眺望できるほか、なんといっても、夜空の星々を眺めるには最高のロケーションを誇るキャンプスポットとなっています。

銀河もみじキャンプ場の概要

開設時期4月下旬~11月下旬
状況によって異なります。
住所長野県下伊那郡阿智村浪合1771-1
電話番号0265-48-6058
休日の連絡先:0265-47-2777
料金1人1泊600円
駐車場1000円
営業時間チェックイン:13時~17時
チェックアウト:午前11時
駐車場有り
バリアフリー化無し
ホームページhttps://gingamomiji.org/wp/

近畿のキャンプ場『FBI AWAJI』(淡路島FBI船瀬ビーチイン)

絶景ポイントは山ばかりではありません。

兵庫県洲本市にあるFBI AWAJIは、瀬戸内海を望む絶景ポイントにある小ぶりなキャンプ場です。

キャンプができるエリアは、砂浜のビーチエリアと、海岸や海を眺めることができるシービューエリアとなっています。

おすすめは、水辺に程近いビーチエリア!

波打ち際に近い場所で、好きな位置でテントを張ることができるので、プライベートビーチ感覚で波の音を楽しみながら、キレイな夜空も楽しむことができます。

海では泳ぐことも可能ですので、海水浴や釣りも楽しむことができるのもポイントです。

場内には、レストランバーもあるため、食事はそちらを利用することも可能です。

FBI AWAJI(淡路島FBI船瀬ビーチイン)概要

開設時期4月下旬~11月下旬
状況によって異なります。
住所兵庫県洲本市五色町鳥飼浦2359
電話番号0799-34-0900
キャンプ料金大人1500円
子供750円
営業時間10時〜20時
駐車場乗用車1000円
バリアフリー化無し
ホームページhttps://www.fbi-camping.com/awaji/

四国の絶景キャンプスポット『霧の高原』

標高1,000mの高所に位置するキャンプスポットである霧の高原キャンプ場は、四国の中央部分に位置する愛媛県四国中央市にあります。

指揮の緑に囲まれたおいしい空気を堪能できる森の世界で、キャンプを楽しむことができます。

朝は霧につつまれた幻想的な世界になり、昼間は瀬戸大橋を望むことができ、夜は周囲に明かりがないことから満点の星空を堪能することができます。

9月に入ると一気にシーズンオフになり、夏場の雰囲気といっきに変わります

周囲はススキで囲まれ、秋の高原を独り占めできるようになるほか、10月を過ぎてきますと紅葉も進み、雲海を楽しむこともできるようになります。

霧の高原の概要

開設時期4月~11月
住所愛媛県四国中央市新宮町上山
電話番号0896-72-3113
宿泊料金4000円
営業時間チェックイン14時
チェックアウト11時
駐車場有り
バリアフリー化無し
ホームページhttp://www.kirinomori.co.jp/info/Kogen/kogen_auto/

中国で雲海を楽しむキャンプスポット『西山高原キャンプ場』

中国地方で、幻想的な雲海を楽しみたい場合におすすめなのが、岡山県にある西山高原キャンプ場です。

広島県との県境近くにある、標高450mにあり、備中湖を眼下に眺めることができるポイントです。

全てのサイトには、AC電源完備されているオートキャンプ場と、車中泊可能なRVパークが設置されています。

通年営業で、雪中キャンプも可能となっています。

西山高原キャンプ場の概要

開設時期通年営業
住所岡山県高梁市備中町西山1314-1
電話番号0866-45-3633
料金1サイト1600円
営業時間8時~17時
チェックイン15時~17時
チェックアウト翌日10時まで
駐車場42台
バリアフリー化無し
ホームページhttps://www.nishiyamakougen.org/

北九州のキャンプ場『波戸岬キャンプ場』

佐賀県唐津市にある波戸岬キャンプ場は、海に沈んでいく大きな夕日を楽しむことができる海際の岬にあるキャンプ場です。

31区画のオートサイトや17区画の一般サイト、フリーサイトのエリアに、1日1組限定のプレミアムエリアも用意されています。

このキャンプ場は2018年に、キャンプ界では有名な西伊豆の『AQUA VILLAGE』などを手掛けた『VILLAGE INC.』が監修してリニューアルをしており、使いやすさ、景観ともに抜群のキャンプ場です。

波戸岬キャンプ場の概要

開設時期通年営業
住所佐賀県唐津市鎮西町名護屋7324
電話番号0955-82-2820
料金1サイト1600円
営業時間平日9時~17時
土日・祝9時~18時
チェックアウト翌日10時まで
駐車場42台
バリアフリー化無し
ホームページhttps://www.hadomisaki-camp.jp/

南九州のキャンプ場『蔵迫温泉さくらオートキャンプ場』

熊本県阿蘇郡にある蔵迫温泉さくらオートキャンプ場は、180度見渡すことができる周囲の山々の展望と、満天の星空を楽しむことができるキャンプ場です。

障害物がないため、遠方の山々まで望むことができます。

そのため、早朝の雲海や夕方の夕日も楽しむことができる絶好のポイントとなっています。

オートキャンプができるエリアには、久住側と阿蘇側がありますが、どちらでも景観は楽しむことができます。

コテージも6人用、10人用が用意されていますので、室内で楽しむことも可能になっています。

また、名前のとおり、場内には温泉や露天風呂の施設もあるので、温泉と景観を楽しむことができるキャンプ場となっています。

蔵迫温泉さくらオートキャンプ場の概要

開設時期通年営業
住所熊本県阿蘇郡南小国町満願寺2849-1
電話番号0967-44-1008
料金1サイト2000円
営業時間チェックイン15時~19時
チェックアウト~10時
駐車場有り
バリアフリー化無し
ホームページhttps://kurasako-onsen.com/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介させていただいた絶景スポットのあるキャンプ場は、ほんの一握りです。

ここでご紹介しきれない、絶景スポットを持つキャンプ場は、全国各地にまだまだあります。

お気に入りのキャンプ場が見つかれば、是非思い出作りに利用してみてください。

きっと忘れられない時間を過ごせることでしょう。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA