寒い季節のキャンプで便利!ニトリの電気毛布を使ってみよう

モブ
モブ
冬キャンプは寒さ対策が大事!
辛い思いをしないようしっかり準備してね。

寒い季節のキャンプでは、外気でテントが冷えるだけでなく、地面からの冷えも直にシュラフに伝わる為、マットなどを用意する必要があります。

なければ、寒すぎて眠れないということもあるからです。

季節も冬に近づくにつれ、マットを引いても寒すぎて、最悪の場合全く眠れないということもありえます。

そのような場合に効果を発揮するのが電気毛布です。

電気毛布は消費電力も少なく、電源のないキャンプサイトだったとしても、ポータブルバッテリーがあれば、十分一晩利用することができます。

この記事では、冬場のキャンプで眠れないという方に、おススメの電気毛布の使用についてご紹介いたします。

冬シーズンのキャンプは底冷え対策が必要

秋から春にかけての冬シーズンのキャンプでは、夜間にもなると温度がとても下がります。

晴れていれば、放射冷却現象で気温も急激に下がり、底冷えも影響し、あまりの寒さに寝れないということまであります。

特にキャンプ初心者の方や、訪れたことのないようなキャンプ場などでは、どこまで夜に気温がさがるかなどわからないので、寒さ対策をどうすればいいか迷いますよね。

少々寒くても大丈夫だろうと思っていても、ふたをあければ、寒すぎて眠れない。

そんなことになると、次の日の活動にも影響がでますよね。

少々外気が寒くても、布団が温かかったら快適に眠ることができます。

つまり、寝るときの一番の問題は、地面からの冷えである底冷えなのです。

冬場のキャンプ経験者の意見でもいろいろな声があります。

  • 毛布だけでは、寒さで毛布自身も冷えてしまい、寒かった
  • 冬用シュラフを用意していたが、背中が冷たく、底冷えを甘く見すぎていた
  • 冷えが強すぎて寝られなかった

このように、ベテランキャンパーからでも声がでるほど、気を付けたいポイントなのです。

底冷え対策には電気毛布がおススメ


シュラフやテントが冬仕様だったとしても、冷えは襲い掛かってきます。

これがオールシーズン用のテントやシュラフだったら、かなりの冷えに襲われます。

このような底冷えに効果的なのが、電気毛布なのです。

テントの下にマットや敷物を引いたとしても、体温は地面に奪われていきます。

そのため、上に何枚毛布を掛けたとしても、背中側は冷えを感じるのです。

ですが、熱を供給してくれる電気毛布を敷くことによって、背中側に熱を供給してもらうことができます。

電気毛布があれば、氷点下近くまでは快適に眠ることができます。

さらに対策を行うことで、氷点下より低い気温でも暖房なくても眠ることは可能です。

キャンプで使える暖房機器は何がある?

今回、眠ることを前提に電気毛布をご紹介しています。
ですが、キャンプで利用できる暖房器具は、他にもあります。

  • ホットカーペット
  • カセットガスストーブ
  • 石油ストーブ
  • 薪ストーブ
  • 湯たんぽ

このようなものが利用できます。

ホットカーペット


ホットカーペットは電気毛布同様に、地面からの冷えから守ってくれます。

ストーブ類のように、排出されるガスを気にする必要がありません。

電気毛布同様に利用することができるのですが、キャンプにおいては電気毛布のほうが便利に利用することができます。

まず、ホットカーペットの場合、温度的にホットカーペットよりも温かい特徴があります。

そして、電気毛布と違い、広い範囲を温かくすることができます。

その分、消費電力が大きいため、電源が必要になります。

持ち運びを考慮しても、電気毛布よりも大きく、折りたたんでも場所を取る欠点があります。

その点、電気毛布であれば、消費電力が小さいことからポータブル電源で使うことが可能です。

たたむとコンパクトになるので、持ち運ぶのも便利という特徴があります。

ストーブ類


カセットガスストーブ、石油ストーブ、薪ストーブなどは、地面を温めるアイテムではなく、周囲の空気を温めてくれるアイテムです。

そのため、地面から伝わってくる冷気には効果的ではありません。

安いマットだけを引いていれば、地面の冷えは、マットを通り越して襲ってきます。

そのため、底冷え対策として考えると、しっかりしたマット+ストーブで対策する必要があります。

またストーブ類は火事や一酸化炭素中毒の危険があり、寝てて知らない間に事故に巻き込まれたというようにならないようにする注意が必要です。

寝る前に消すのが安全ですが眠ってから冷えに襲われるため、必ず一酸化炭素感知器などを使って警戒してください。

もし就寝時にストーブを使う場合は換気できるようにしておきましょう!

注意事項
毎回大丈夫だからと言って油断しないようにしてください。
一酸化炭素感知器は必ず用意しおくように。
火事の根源 感知機 防災 アラーム 一酸化炭素 警報機 検出 煙草 冬 乾燥 自宅用 家庭用 セキュリティ CM70

湯たんぽ


湯たんぽは、家庭でも使っている人が多い寒さ対策のアイテムです。

キャンプ時でも手軽かつ安価に使える便利アイテムだと思います。

寝袋に入れる事で、体全体が温まり寒い冬も寝やすくなります。

欠点は時間経過すれば温度が下がる点です。

とても朝までは温度が保てないので電気毛布と併用で使うことで、寒すぎる冬キャンプでも快適な睡眠を手に入れることができます。

電気毛布を使う電源は?ポータブル電源で大丈夫か?


電気毛布は、電源を持たないキャンプサイトでも利用することができるアイテムです。

電源がないサイトでは、ポータブル電源を利用します。

ポータブル電源は、その商品の容量によっても使用時間や枚数も変わってきます。

容量700WHのものであれば、中サイズの電気毛布3枚でも約8時間は使用することができます。

利用する電気毛布の枚数や消費電力量を確認することでモバイル電源を用意するか、所有しているモバイルバッテリーに合うように、電気毛布を用意するようにすればいいでしょう。

キャンプでも便利に利用できるニトリの電気毛布


ニトリでは、家具や家庭雑貨だけでなく、寝具類も取り揃えています。

テレビCMでも見かけたりしますよね。

そのようなニトリのラインナップに電気毛布も揃っています。

Nウォームシリーズのもので、敷専用のものと、掛け敷き兼用のものがあります。

敷き専用は幅130cm×奥行80cm、掛け敷き兼用は幅188cm×奥行130cmとなっています。

消費電力は敷き専用が13~27Wh、掛け敷き兼用は13~57Whとなっています。

アウトドアにも便利に使える手洗い可能な製品となっています。

キャンプでの使い方

キャンプで電気毛布を利用するときは、下にマットを敷いておくようにします。

銀マットの上で体に近いところで敷くのがより温かく眠ることができます。

ただ、あまりに寒いからと言って、シュラフの中に電気毛布を入れるのはやめておきましょう。

外気が寒いので、ついつい温度を高く設定してしまう可能性があります。

その状態でずっと体に接していることで、どうしても低温やけどをしてしまう可能性があります。

そのため、いくら温度がひくかったとしても、使用には気を付けるようにしましょう。

寒い冬のキャンプにはニトリの電気毛布を利用しよう!


冬場のキャンプでは、電気毛布は必需品です。

あれば快適に眠れます。

同じ温かい敷物でも、環境に応じてホットカーペットは適していません。

やはり電気を多く使用する分、電源の無いキャンプサイトでは利用できないからです。

電気毛布はアウトドアでもと便利に利用できます

ただ、耐久力の面からは、何年も使えるものではないでしょう。

そのため、コストパフォーマンスのよい電気毛布が、アウトドアには適しています。

コスト面からみても、ニトリの電気毛布はお手頃価格で購入することが可能です。

掛け敷き兼用であれば、面積も広いことから広目のテントでも便利に利用することが可能です。

他のアイテムを購入するついでに、ニトリで揃えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA