雨の日も釣りに行こう!雨の日のメリットやデメリット。釣行をする場合の道具や服装について

雨の日は釣れない?

雨の日は釣り人にとって釣りがしにくい気候ですね。

しかし魚にとっては警戒心が薄れるためチャンスは広がります。

小魚は釣れにくくなりますが、フィッシュイーターなどの大物は雨の日の方が弱ったベイト(小魚)を捕食すると言われています。

また雨の影響で酸素が水中に入ったり、温度が下がったり、流れが速くなったりと変化が生まれます。

潮の満ち引きとは違った水中の変化は魚の活性が上がるケースも見受けられます。

また釣り人が少ない気候なのでライバルが少ない点も魅力的ですね!

いつもは人が大勢いる人気ポイントも雨の日の方が釣りがしやすいかもしれません。

チェックポイント
雨の日の方が釣れると思うのが僕の見解ですが、逆に釣れないと言う人も少なくありません。
魚種や釣り場によって異なると思いますのでポイントを見極めてみてください。
注意事項
程よい小雨程度であれば問題ありませんが、大雨の時は注意が必要です。
安全マージンを考えて釣りを楽しみましょう!

雨の後に釣りに行くなら?雨の次の日は?

モブ
モブ
雨の時は活性が上がって釣るチャンスが増える事はわかったけど、雨が降り終わった後はどうなの?

水の中は雨が降っている時より水量が増え、濁りが増している事が多いです。

上流部から流れてくる水が多くなるため、降っている時より水量が増して流れを早くします。

河川や湾岸部であれば、雨が降っている時より濁りが増している事もあります。

また雨の時であれば人の気配を消せるためおかっぱりで釣りをする人にはよりチャンスになりますが、次の日が晴れていればあまり効果はないのかもしれません。

とは言え魚の視界が悪い事を上手く利用できれば釣果に結び付けられます。

濁りが強いためスレている魚も釣れるかもしれません。

魚の目の前をピンポイントでルアー通す事ができれば効果的なので自信がある人はチャレンジしても良いかもしれませんね。

チェックポイント
雨の次の日の方がボトムにゴミが溜まっている事が多いのでルアーをロストしやすく釣り所ではなくなります。
また濁りが強くルアーにまったく反応しない事も考えられますが、降水量やポイントの状況などによって異なります。
逆に大雨の次の日の方が良いと言う意見もありますので一度挑戦してみてください。
注意事項
普段は行ける所も増水によって危険なポイントになっているかも知れません。
前日に雨が降っている時も注意を怠らないようにしましょう。

雨の日の荷物、持ち物は何がよい?

モブ
モブ
雨の日に釣りに行く場合って何持って行ってる?
絶対に必要なアイテムを紹介するね。
雨の日でも釣りに行きたいジャンキーは参考にご覧ください。
ぽんた
ぽんた

高いウェアなんて勧めません!

それ以前の絶対に必要な鉄板アイテムをご紹介します。

1.タオル


雨の日に限らず釣りに行くなら絶対に必要なアイテムがタオルです。

特に雨の日は大事なので身体を拭けるようにキレイなタオルを持っていくようにしましょう。

濡れたままだと風邪をひいてしまいます。

ハンドタオル1枚だと少ないので複数枚用意しておけば安心です。

2.着替え


高価なレインウェアを着ていても釣りをしていると多少は濡れてしまいます。

湿ったまま帰るのはとても気持ちが悪いです。

足場が悪くて水場に落ちたりしてびしょ濡れになる事だってあります。

着替えを1セット持っていくだけで快適に釣りが楽しめます。

高いレインウェアより着替え1セットの方が汎用性も高く応用が利くので優秀だと思います。

3.長靴


雨の日は足元がぬかるんでいるためすぐにびしょ濡れになってしまいます。

また増水によって普段は入れるところも浸水しているかもしれません。

そんな時も長靴があれば問題なく釣りをする事が可能に。

長靴のグリップがしっかりしていると地面が濡れていても滑りにくいのでオススメですよ。

雨でも楽しめる釣りの種類は?餌釣りはどう?

餌釣りは雨でも楽しめる釣りの一つ。

魚は視覚よりも嗅覚に頼って餌を探しています。

そのため餌釣りであれば濁っていようが関係なく釣れるハズ。

チェックポイント
雨によって流れが強くなると小魚は狙いにくくなります。
というのも大きい魚なら多少の悪天候でも影響ない事も小魚にとっては死活問題だったりします。
そのため濁りよりも水の流れがどうなってるか見て判断しましょう。

雨でも楽しめるルアーフィッシング

上述したようにフィッシュイーターは雨の方がベイト(小魚)に食いつきやすくなります。
また人の気配を消せるため、警戒心の強い個体も釣れる魅力がありますね。

チェックポイント
雨の日のルアーフィッシングは濁り方で判断すると良いかもしれません。
またボトムや岸に溜まったゴミの量が多いと釣りにならない事もあります。

雨の日橋の下

橋の下は避難場所として優秀な場所です。

しかし雨がかからないからと油断していると、増水による鉄砲水などの被害にあってしまいます。

降水量が多くなればそれだけ水辺は危険なので、橋の下は一時的な避難場所という認識で釣行するように。

雨で使える釣りのレインウェア


めっちゃお洒落なレインウェアですね。

耐水圧は脅威の30000ml。

キャンプで使うテントの場合3000mlあれば大雨の中でも十分寝られる性能です。

10倍の30000mlならよっぽど濡れる事はないと思います。

伸縮性も高く、動きやすいため釣りには最適の万能ウェアです。

男女共に使えるほどサイズが豊富に用意されており8サイズから選べるアイテムです。

また選べるカラーも12種類とお洒落を楽しめます。

このレインウェアやばいよね?
耐水圧が3万ってケタの読み間違えかと思ったよ笑
ぽんた
ぽんた

雨の日に釣りをするメリット

雨の日でもモチベーションがあれば釣りができるよね!笑
ぽんた
ぽんた

釣りをするなら雨の日を選んで行く人がいるほどメリットがいっぱいです。

雨の日でも釣りに行きたい釣りジャンキーの方は雨の日のメリットを参考にして気持ちを高めて釣りに行ってください笑

1.本能で普段より餌を食べるようになる。

天候が悪くなると本能的に食いだめをしないといけないと思うようになるみたい。

魚の本能で普段より餌を食べるため釣りやすくなるという見解ですね。

とは言え、この見解はどこまでの信憑性があるかわかりません。

個人的には信憑性に欠ける気がします。

2.鳥が少なくなり魚の警戒心が低くなる

天気が悪い日は鳥が少なくなりますよね。

魚の天敵である鳥が少なくなれば警戒心が低くなり釣るチャンスが増えるかもしれません。

3.濁りや暗さで魚を騙せる

魚の視界が悪くなる事でスレている魚もバレにくくなります。

ルアーなどの疑似餌ではより効果を発揮するかと思います。

とは言え濁りが強すぎては逆に釣れなくなるためメリットばかりというわけではありませんね。

4.低気圧で魚が浮く

雨が降る日は低気圧になりがち。

低気圧は魚の浮袋にも影響します。

普段はボトムに張り付いている魚も浮上するため、チャンスが広がります。

5.ライバルが少ない

環境が悪ければ悪いほどライバルが少なくなります。

他の釣り人が少なければスレにくく釣りがしやすい事も。

雨さえ耐えられれば釣りパラダイスかもしれません。

真の敵は魚ではなく同じ人なのかもしれませんね笑

6.気配を消せる

魚は人が思っている以上に水上の景色が見えています。

また足音なども敏感にキャッチしているため、人が近づいただけで警戒する固定も少なくありません。

雨の日なら人の気配も自然と消せるので釣果に繋がりやすくなります。

雨の日のデメリット

モブ
モブ
雨の日は心が折れるかどうかも大事なポイントだと思うよ!
気持ちを維持するにはデメリットを把握して準備と覚悟をしておくといいかも!

雨の日はメリットばかりではありません。

雨の日のデメリットを参考に覚悟と準備をしておくように。

1.釣り続行不可

そもそも釣りができなくなる事も考えられます。

渡船や遊漁船などは天候が荒れれば出航してもらえません。

「釣りがしにくい」程度なら問題ありませんが、続行不可ならお手上げです。

2.危険が増える

海や川、湖には危険がいっぱいです。

雨が降ると地面はぬかるみ足場悪くなります。

転ぶだけではなくそのままドボンと落ちてしまう事も。

河川では鉄砲水、海では高波などの危険も増えるため普段よりも注意が必要です。

3.びしょ濡れになる

レインウェアを着ていても長時間釣りをしていれば次第に浸水していきます。

防水性の高い服を用意しておく事で多少は緩和されますが、ある程度の覚悟は必要です。

頭から足元までびしょ濡れになっても良いように替えの服を用意しておきましょう。

4.いろいろと辛い

上述以外にもいろいろなデメリットがあります。

工夫や道具である程度は対処できても自然を相手にしている事なので万全には解決できません。

寒いし、視界が狭いし、低気圧で体調が悪いし、釣れていれば頑張れますが釣れない時の精神的ダメージは大きいです。

まとめ

釣りジャンキーの方にとって、釣りに行きたいと思ったら雨の日だろうと関係ありません。

雨の日のメリットとデメリットを把握した上で道具を準備して釣行に行きましょう!

事前の準備は釣果に大きく影響しますよ!

快適に釣りをする上でもウェアなどの道具は予め用意しておくように。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

実際に体験した事や使った商品の事など好きな事を書いています。釣り道具やキャンプギアなど多くの商品を紹介していますが、悪い物は悪い。良い物は良いとハッキリ書くタイプです。基本的に主観にて良い悪いの判断をしていますが、信憑性や信頼性が低いものについては「わからない」と言及しているようにしています。このブログを読んでくれた人にとって少しでも参考にしていただける記事になれば幸いです。