9月が旬!エギングでアオリイカを釣りに行ったよ!若狭半島のアオリイカ釣果

9月といえばアオリイカ!
ぽんた
ぽんた

秋のアオリイカは生まれたばかりで小型の個体が多く、スレていないのでたくさん釣れます!

という訳でエギング でアオリイカを狙いに行ったので報告します。

また9月のアオリイカ事情とエギング での狙い方について言及しますのでエギング 初心者の方は参考にしてください。

福井県大飯郡おおい町大島でアオリイカ釣り

今回釣行しにいったのは全国的にもアオリイカで有名な若狭湾の大島半島あたりです。

おかっぱりはもちろんですが、筏の渡船や海釣り公園からの釣果も上がっているようだったので遠征してきました。

とても景色がきれいな場所です。

画像は朝マヅメの時の様子ですが、改めて見ると夕日に見えますね。

あみや渡船

今回はこちらのあみや渡船さんを利用させていただきました。
ぽんた
ぽんた

例年の釣果情報を見てもらえばわかるんですが、かなり釣れています。

複数人ですが3桁近い釣果が上がっていますね。

1人でも30杯以上の釣果は当たり前にあるのがすごい所です。

8月後半や9月の前半はたくさんアオリイカは釣れますが、寒くなってくるにつれて釣果が上がらなくなってくるみたいです。

9月のアオリイカ釣果

はじめの1杯目です。

いつもはシーバスを狙ってバイブレーションやミノーなどを投げているのでシーズンはじめのエギングは手探り感があります笑

どうやってやるのか思い出しながら、、、

しっかり底をとっていると、違和感があったので合わせたら釣れてました。

魚と違って引きが独特なので、違和感があったら合わせるようにすると釣果が上がると思います。

この画像のヒットルアーはデュエルのダートマスター2.5号です。

カラーはブルー夜光マーブルピンクですね。

アピール力が強く警戒心の低いアオリイカならガンガン釣れます。

デメリットはアピール力が強すぎる点ですね。

警戒心が強くなってきた賢いアオリイカは見向きもしなくなるエギだと思っています。

しっかりアピールできるのはこの時期のアオリイカ釣行には必須級のエギですが使い方には注意が必要ですね。

オレンジ系とブルー系など何本か持っていくと役立ちますよ

徐々にやり方を思い出してきたので釣果を上げるために、沖から寄せてきました。

沖に投げてスローリトリーブ。

手前に寄せてきたらしゃくるって感じですね。

これで広範囲のアオリイカを釣る事ができます。

もちろんおかっぱりでも有効ですよ。

サムネの画像はおかっぱりから釣ったアオリイカです。

この時も沖から寄せてきて手前で釣りました。

ちなみにヒットルアーはこれ!

ヤマシタ(YAMASHITA)のエギ王2.5号です。

カラーはオレンジ系ですね。

9月は2.5号のエギがあれば十分だと思います。

3号は少しあればOKです。

なんなら2.5号だけでも問題ないというくらいですね。

アオリイカの旬は?9月10月11月は?

アオリイカのピークは9月です!

地域によって差はあるようですが浅場で狙う小型のアオリイカなら9月がハイシーズンです。

今年は8月の終わり頃から10㎝〜15㎝くらいの小型のアオリイカが釣れ始めていたようです。

毎年多少の前後はありますが9月の初旬が1番いい時期だと思っています。

多いときだと3桁も簡単です。

9月初旬のアオリイカは小さいですがたくさん釣れるので楽しいです。

またエギング釣りを始めた初心者にも釣れやすいので練習にもなります。

10月のアオリイカは?

10月はスレてくるけどコロッケサイズの食べごろが多いから持って帰って食べるにはいい季節だと思うよ!
ぽんた
ぽんた

同じやり方でやっても10月になるとかなり数が減ってしまいます。

10杯釣れば上出来って感じ。

とはいえ豆イカも減ってきて20㎝くらいのアオリイカが釣れるようになります。

10月にアオリイカ釣りに行く予定なので実釣いきますのでご報告します。

11月はアオリイカ釣れない?

釣れない事はないけど、ちょっと厳しいってイメージが強いかな。
ぽんた
ぽんた

11月になるとさらに数は減って3杯あげれば最高って感じに。

しかしさらに大きくなるため、1杯でも十分な量食べれるようになります。

オカッパリや筏でのアオリイカは11月にはだいぶ厳しい時期になりますのでどうしても釣りたい人は船で沖に出てください。

9月にアオリイカがたくさん釣れる理由

上述した通りアオリイカは9月頃生まれます。

赤ちゃんアオリイカは比較的に過ごしやすい浅場で大きくなり、大きくなるに釣れて沖へ移動します。

そのためオカッパリや筏、磯釣りでアオリイカを狙う方は9月が良く釣れます。

イカは賢いから子供のうちに釣る

イカやタコなどの軟体系の海洋生物は他の魚に比べて格段に賢いと言われています。

様々な色に擬態する能力スミを吐いて逃げる行動獲物を捕らえる方法などを考えれば他のフィシュイーターに比べて賢い事が想像できるかと思います。

そのためまだ成長しきってない子供のうちに狙えば、簡単に釣れます。

生まれたばかりのアオリイカはスレてないため警戒心も低く、見えてる状態でバンバン釣れます。

見えイカってやつですね。

見えてるイカならエギへの反応もわかりやすいため初心者でも釣りやすいです。

それらの事を考えてもやはり9月がおススメですね。

初心者でも簡単!アオリイカをエギングで釣る方法

モブ
モブ
アオリイカのアタリがわからないよ!
釣った事ないから教えて!

アオリイカのアタリがわからないという人は少なくありません。

はっきり言えば小さいイカの場合は僕だってわかりません。

慣れてくればなんとなく違和感がわかるようになりますが、初心者にそれを求めるのは難しいと思います。

ではどうすれば良いのでしょうか?

答えは簡単で、しゃくる1回目は必ず合わせるようにすればOK。

竿をたててテンションがかかったままだとゴミが付いてるいかイカが抱いているかの2択になります。

釣りの動画を見るとカッコよく合わせていますが、そんなことをする必要はありません。

次回の釣行でエギング初心者の友人を釣れていく予定です。

そのタイミングで初心者向けのエギング講座を言及したいと思います。

まとめ

やはり9月は数釣りの時期だね!
ぽんた
ぽんた

さて今回のアオリイカ釣行でしたが、かなり良かったと思います。

そこら辺に沸いていて簡単に釣る事ができました。

この季節にこの場所でアオリイカをすれば子供や女性でも簡単に釣れるのではないでしょうか?

次回は10月に同じ場所に行く予定です!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

実際に体験した事や使った商品の事など好きな事を書いています。釣り道具やキャンプギアなど多くの商品を紹介していますが、悪い物は悪い。良い物は良いとハッキリ書くタイプです。基本的に主観にて良い悪いの判断をしていますが、信憑性や信頼性が低いものについては「わからない」と言及しているようにしています。このブログを読んでくれた人にとって少しでも参考にしていただける記事になれば幸いです。